ヘアケア

AGA治療の副作用を徹底解説!副作用のリスクを抑える方法も紹介

AGA治療の副作用を徹底解説!副作用のリスクを抑える方法も紹介

「AGAの治療を始めたいけど副作用が心配…」
「ほんとうにAGA治療って安全なの?」

AGAは薬を使って治療するため、残念ながら副作用のリスクは0ではありません

しかし、副作用について正しい知識があれば、安全に治療をすることができます

そこでこの記事では、

  • AGA治療薬の種類と副作用
  • AGA治療の副作用のリスクを抑える方法
  • AGA治療で副作用が出てしまったときの対処法

について解説します。

AGAの治療を始める前に、副作用のリスクを知っておきましょう。

AGA治療薬の種類と副作用

AGA治療薬の種類と副作用

AGA治療に使われる薬は大きく3種類。

ここでは、AGA治療薬の種類と副作用を解説します

ちなみに、日本皮膚科学会ガイドラインでAGAに効果があると認められているのは、ここで紹介する3種類しかありません。

万が一、効いたこともない成分の治療薬を勧められたときは必ず断りましょう。

①フィナステリド配合の治療薬

①フィナステリド配合の治療薬

抜け毛を防ぐ効果が認められている「フィナステリド」。

AGA治療薬として有名なプロペシアの主成分で、AGA治療で広く使われています

フィナステリドによる副作用は次の通り。

  • 性欲の低下(リビドー減退)
  • 勃起不全
  • 肝機能障害

*参考:プロペシア錠0.2mg/1mg 医薬品インタビューフォーム

フィナステリドはAGAの原因である男性ホルモンを抑制します。そのため、男性機能に関する副作用が起こる場合があるのです

ただし、副作用の発現率は0.5%と低いため過度に心配する必要はありません

主な治療薬

・プロペシア
・フィナステリド錠

②デュタステリド配合の治療薬

②デュタステリド配合の治療薬

もともと前立腺肥大症の治療薬として使われていた「デュタステリド」。

デュタステリドにも男性ホルモンを抑制する作用があり、脱毛症への効果が認められたためAGA治療薬として使われ始めました。

フィナステリドが体に合わない時や脱毛をおさえる効果が出なかった場合に、デュタステリド配合の治療薬が処方されます

デュタステリドの副作用は次の通り。

  • 性欲の低下(リビドー減退)
  • 勃起不全
  • 肝機能障害
  • 発疹
  • 頭痛・抑うつ感
  • 腹部の不快感

*参考:ザガーロの添付文書情報

フィナステリドと同様にデュタステリドも男性機能への副作用が出ます。

ただし、副作用の発現率は11.7%と高いためフィナステリドよりも注意して使う必要があります

主な治療薬

・ザガーロ
・アボルブ

③ミノキシジル配合の治療薬

③ミノキシジル配合の治療薬

髪の毛を生やす発毛効果がある「ミノキシジル」。

リアップなどドラッグストアで入手できる発毛剤にも使われているため、知っている方も多いでしょう。

ミノキシジルの副作用は次の通り。

  • 頭皮の炎症(外用薬のみ)
  • 低血圧
  • 頭痛・めまい
  • 動悸
  • 心不全

ミノキシジルには血管を広げ血行を良くする効果があるため、循環器系の副作用が出る場合があります。

ただし、リアップなどの外用薬とミノタブなどの内服薬があり、それぞれ副作用のリスクが異なるので必ず覚えておきましょう

外用薬のミノキシジルは、頭皮の炎症以外の副作用がほとんどなく安全に使用することができます

一方で、内服薬のミノキシジルは副作用のリスク大。頭皮だけでなく体全体に影響が出るため、比較的高確率で循環器系に影響が出ます

その上、内服薬のミノキシジルはAGAへの効果が認められていないため、絶対に使わないようにしましょう

主な治療薬(外用薬)

・リアップ
・スカルプD メディカルミノキ
・ロゲイン

主な治療薬(内服薬)

・ミノタブ

AGA治療の副作用のリスクを抑える方法

AGA治療の副作用のリスクを抑える方法

AGAの治療には少なからず副作用のリスクが存在します。

ここでは、AGA治療の副作用のリスクを抑える方法について解説

ポイントをおさえておけば、AGA治療の副作用リスクを0に近付けることができますよ。

副作用のリスクが小さい治療薬を選ぶ

副作用のリスクが小さい治療薬を選ぶ

AGA治療薬の種類と副作用」で説明した通り、AGAの治療薬は種類によって副作用のリスクが異なります。

副作用のリスクが小さい治療薬は次の2つ。

  • フィナステリド配合の治療薬
  • ミノキシジル配合の外用薬

この2種類の治療薬を使った投薬治療だけでもAGAに効果的です。

これからAGA治療を始めるという方は、フィナステリドとミノキシジルの2種類を選ぶようにしましょう

効果が出なかった場合は、必ず医師に相談したうえで別の治療薬を試しましょう。

クリニックで処方された治療薬を使う

クリニックで処方された治療薬を使う

安全にAGA治療を行うなら、クリニックで処方された治療薬を使うのが最もおすすめです

医師がいるクリニックなら、体質に合わせて最適な治療薬を処方してもらえます。また、もし副作用が起きたとしても、すぐに相談できるため安心です

フィナステリド配合の治療薬はインターネットで購入できてしまいますが、リスクが大きいためおすすめできません。また、海外の治療薬を個人輸入するのも避けましょう。

【参考】AGA治療におすすめのクリニック

ところで、AGA治療薬に副作用はある?
AGA治療におすすめのクリニックランキング!男性の薄毛治療に効果が高いクリニックを徹底比較

ちなみに、ミノキシジルの外用薬は副作用のリスクがかなり小さいので、ドラッグストアや通販で購入しても大きな問題はありません。

【参考】ミノキシジル配合の発毛剤はこちら

オリジナル治療薬は副作用の説明を十分に理解する

オリジナル治療薬は副作用の説明を十分に理解する

AGA治療を行っているクリニックでは、オリジナル治療薬を処方している場合もあります。

オリジナル治療薬はAGAを防ぐ効果が高いものの、副作用のリスクが不透明です

オリジナル治療薬は、信頼できる医師から副作用について十分な説明を受けた上で購入するようにしましょう。

また、可能であれば成分を教えてもらい、自分で調べてから決めるようにするのもおすすめです。

AGA治療で副作用が出てしまったときの対処法

AGA治療で副作用が出てしまったときの対処法

AGA治療をしている間に、もし副作用が起きてしまったら、通っているAGAクリニックの医師に相談しましょう

相談せずに治療薬の使用をやめてしまうと、副作用が良くならない可能性があるだけでなく、薄毛が進行してしまいます。

AGAクリニックの先生に早めに相談して適切な処置を受けることで、副作用が起きても治すことができますよ。

もし、クリニックに通わずに自己判断で治療をしている場合は、近くの病院で医者に診てもらいましょう

この場合は、実際に使っている治療薬を忘れずに持参するようにしてください。

まとめ:AGA治療の副作用を理解して安全に治療を始めよう

AGA治療における副作用の種類や発現率、リスクを減らす方法、副作用が起きた時の対処法について紹介しました。

これからAGA治療を始める方は、信頼できるクリニックを利用した上で、フィナステリドとミノキシジルの治療薬から始めるのがおすすめです。

副作用について正しく理解しておけば、安心して治療を始められますし、副作用が起きた時に適切な対処ができますよ。

副作用のリスクを減らし、安心してAGA治療を始めましょう!

参考リンク:

AGA治療を始めようと考えている方は、下記の記事も参考に。AGA治療におすすめのクリニックをまとめています。

ところで、AGA治療薬に副作用はある?
AGA治療におすすめのクリニックランキング!男性の薄毛治療に効果が高いクリニックを徹底比較
ABOUT ME
DanLead編集部
DanLead編集部
男性向けメディア「DanLead(ダンリード)」の編集部です。メンズ美容を中心に、男磨きを助けるコンテンツを届けます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です